メール誤送信対策 MAILSCREEN

2017_intro_productlogo_mailscreen_wide

メール誤送信対策 MAILSCREEN

 

メール送信前にしっかり確認するようにしているのでメール誤送信なんてありえないと言う方もいるかもしれません。しかし、業務で多忙な中、オートコンプリート機能で入力された宛先をよく確認せずに本来送るべきでないメールを送信してしまったとか、BCCに設定すべき宛先をCCに入れて送信してしまい、受信者全員に互いのメールアドレスを知らせてしまった、などの事故はメール誤送信対策の必要性が広く知られるようになった今でも度々発生しているのが実情です。

メール誤送信による情報漏洩。うっかりミスとはいえ重大な問題になってしまいます。
個人情報検出機能を搭載したMAILSCREENならメール誤送信対策個人情報漏洩防止対策を併せて行えます。

MAILSCREENは、添付ファイル暗号化、メールの一時保留、送信メールフィルタ、メールアーカイブ、履歴管理などの様々なメール誤送信防止機能によって情報漏洩対策を実現するメールセキュリティソリューションです。メール本文と添付ファイルに含まれる個人情報検出機能により個人情報の漏えい防止対策を実現します。多様な利用環境にお応えするため、アプライアンス、仮想アプライアンス、ソフトウェアの3タイプを用意しており、オンプレミス環境はもちろんGmailやOffice365にも対応できます。

 

活用ケース

誤操作やうっかりミスによるメール誤送信を防止したい

うっかりミスはシステムで対策

MAILSCREENはもしもメール送信時にうっかりミスがあったとしても「送信遅延」や「上司承認」、「宛先のBcc変換」などでメールの誤送信を防止します。

SPAMSNIPERと比較して数多くのフィルターが用意されており、上司承認機能では承認者を組織図から選択したり、複数のフィルターを組み合わせて送信メールを遮断できますので、実際の運用に合わせて柔軟に設定をすることができます。

また、ゲートウェイ型製品ですので、利用端末ごとにソフトをインストールするなどの手間は必要ありません。

メールによる個人情報漏洩が心配

メールをスキャンし個人情報の有無を検出

個人情報検索機能により、メール本文や添付ファイルからマイナンバー、クレジットカード番号、Eメール

アドレス、IPアドレスや指定された文字列を検索し、これらの情報を含むメールを送信前に遮断することでメールによる情報漏えいを防止します。

添付ファイルを自動的に暗号化して送りたい

いつもどおり送信するだけで添付ファイルを自動で暗号化

ユーザはいつもどおりメールにファイルを添付して送るだけで、MAILSCREENが添付ファイルを自動的に暗号化して解凍パスワードの送信を行いますので、セキュリティと利便性を両立できます。

大容量ファイルをメールで送りたい

URLリンク変換機能で大容量ファイルを送信

MAILSCREENが自動的にメールの添付ファイルをURLリンクに変換して送りますので、ユーザはファイルサイズを気にすることなく、いつもどおりの操作で簡単に大容量ファイルを送ることができます。

主な機能
 
メール誤送信防止/情報漏洩防止対策

 

MAILSCREENは、送信メールに対し各種メールフィルタルールを設定することで社外への情報漏洩を遮断、また、送信遅延機能により、メールアドレスの間違いや添付ファイルの間違いがあった場合に送信メールを取り消すことができます。更にシステム設定により、To、Ccに指定された宛先アドレスをBccに変換することが可能ですので、うっかりミスによるメールアドレス情報の漏洩を防ぐことができます。また、ウイルス検知機能も標準装備していますので、しらないうちに関係者にウイルス付きメールを送ってしまうことを防止します。

これらのメール誤送信防止対策の各種機能により、情報漏洩防止対策、内部統制の強化を実現します。

 
 

●送信メールフィルタや送信遅延などで誤送信を防止。ウイルスチェック後にメールを送信

mailscreen_1st

● 各種メールフィルタ管理
● 送信遅延機能
● メールウィルスチェック
● マイナンバー・個人情報検索
※メール本文、添付ファイルからマイナンバー、クレジットカード番号、Eメールアドレス、IPアドレス、任意の文字列を検索。

 
 
 

添付ファイル暗号化 / URLリンク機能

MAILSCREENは、送信される全メール、または指定メールに対して添付ファイルを圧縮・暗号化して送信することができます。メール誤送信時に対応できるように、パスワード送信の送信者によるキャンセルも可能です。その他、システム設定により指定時間後に自動送信させることも可能です。

添付ファイルのURLリンク変換機能を使えば、MAILSCREENが添付ファイルを保存した後、そのリンクをメールで受信者に知らせますので、添付ファイルのサイズを特に気にすることなく大容量ファイルを送信することが可能になります。更に、GIGAPOD連携機能により本格的なオンラインストレージとの連携も可能です。

 
 

●添付ファイルはすべて暗号化して送信

mailscreen_2ndt

● 添付ファイル暗号化
● URLリンク機能
● GIGAPOD連携機能

 
 
 

決済(上長承認)機能

重要な取引先との機密情報のメール送信には、決裁機能が最適です。送信する全メール、あるいは指定メールに対して決裁処理を行い、承認されたメールのみを送信する機能です。決裁者は、決裁申請メールを通じて承認・却下を選択します。決裁ボックスの状況も確認可能。決裁者が不在中には、システムによる自動承認・却下も設定できます。

 
 

●決済機能の流れ

mailscreen_3th

 
 
 

個人情報漏えい対策

個人情報検索機能により、メール本文、添付ファイルからマイナンバー、クレジットカード番号、Eメールアドレス、IPアドレス、任意の文字列の検索が可能です。この機能により個人情報を含むメールの送信を遮断できます。

 
 

mailscreen_4th

 
 
 

Office365/Gmailに対応

導入が進むOffice 365やGmailですが、遅延配信や添付ファイルの自動暗号化などの誤送信対策が標準機能で提供されていません。MAILSCREENはクラウド環境にも対応していますので、オンプレミス、クラウドに関わらず安全なメール運用を可能にします。

 
 

mailscreen_5th

 
 
 

メール送信管理

MAILSCREENを経由して送信された全てのメールのログおよび、全てのメールアーカイブが取得でき、ログはWeb管理画面で表示するだけでなく、外部ファイルに保存することが可能です。

メールの原本は、指定した保存期間内でMAILSCREEN本体に保存可能です。また、日々のメール送信状態、ネットワーク使用率、CPU、プロセス、システム負荷などシステム・リソースが参照でき、メール誤送信防止対策だけではなく、通常の社内のメール送信状況を管理することができます。

 
 

●ログ管理・パフォーマンス管理

mailscreen_6th

● メールアーカイブ、ジャーナリング機能
● メールログ管理、メール保存管理、統計管理

 


■ 
MAILSCREENを選ぶメリット

√ 電子メールの使い勝手を損なうことなく情報漏洩対策と内部統制の強化を実現
√ 各種フィルタリング機能や履歴管理により送信データ管理を実現
√ 添付メールの限界を解消。スムースで安全な外部とのファイル共有を実現
√ アプライアンス、仮想アプライアンス、ソフトウェアの3種類から選べる製品形態
√ メールサーバーが外部にあっても情報漏洩対策の強化が可能
√ メールサーバー、メールクライアントの設定変更は一切不要

 
 
■ 主要機能一覧

機 能 名標準機能機 能 名標準機能
メールフィルタ管理決裁(上長承認)
添付ファイル暗号化メールログ管理、メール保存管理、統計機能
URLリンク変換メールアーカイブ、ジャーナリング機能
送信遅延Bcc自動変換
遮断メールウィルスチェック
通過Syslog転送
ルーティング指定GIGAPOD連携機能
個人情報検出

■メール本文、添付ファイルからマイナンバー、クレジットカード番号、Eメールアドレス、IPアドレス、任意の文字列を検索。

■対応ファイルフォーマット

マイクロソフト Excel 96,97,2000,2003,2007,2010,2013 (xlsx, xls)

マイクロソフト Word 96,97,2000,2003,2007,2010,2013 (docx, doc)

マイクロソフト PowerPoint 95,97,2000,2003,2007,2010,2013 (pptx, ppt)

マイクロソフト Outlook 2000,2003,2007,2010,2013 (msg)

Open Office v.1.0 – v.3.0 (sxw, odt, ott, sxc, ods, stc, sxi, odp, stl)

コーレル WordPerfect 4.x – 14.x (wpd)

マクロメディア Flash Data v1 – v19 (swf)

PDFファイル (pdf)

各種圧縮ファイル (zip, rar, gz, bz2, tar, 7z, alz, egg)

テキストファイル (txt)

リッチテキストファイル (rtf)

HTML (htm, html)

XML (xml)

MIME HTML (eml, mht)

など

接続形式ブリッジ型接続/プロキシー型接続
※プロキシー型の場合には、複数台で冗長化構成が可能
対応プロトコルSMTP(25)、SubmissionPort(587)、SMTPS(465)
*SMTP Authにも対応
 
 
 

■ ハードウェア仕様

モデル名1000P2000P5000P10000P
CPUIntel Atom 1.8GHzIntel Dual Core 3.3GHzIntel Quad Core 3.1GHzXeon Quad Core
2.0GHz x 2CPU
メモリ2GB8GB8GB6GB
HDD1TB2TB2TB146GB x 4(RAID5)
ネットワーク6 Port
GbE(10/100/1000)
6 Port
GbE(10/100/1000)
6 Port
GbE(10/100/1000)
4 Port
GbE(10/100/1000)
サイズ1U Rack Size
444W/249.75D/44H mm
1U Rack Size
443W/292.1D/44H mm
1U Rack Size
443W/292.1D/44H mm
2U Rack Size
443W/680D/86H mm
電源/重さAC 90-240V/4.1KgAC 90-240V/5KgAC 90-240V/5KgAC 90-240V/23Kg
温度/湿度0-45℃/10-90% RH
Non-condensing
0-40℃/5-95% RH
Non-condensing
0-40℃/5-95% RH
Non-condensing
0-35℃/5-95% RH
Non-condensing
認証CE, KCCCE, FCC,ULCE, FCC,UL

FCC, ICES, CE, VCCI,

BSMI, CCC, MIC

※ハードウェアのスペックについては、予告なく変更する場合がございます。