Jiran Security社がSSR社とmobigen社を買収

 

Jiran Security社(代表:ユン・ドゥシク)が7月19日にセキュリティコンサルティング専門企業「SSR社」と、ビックデータ分析プラットフォーム企業「mobigen社」を買収したことをお知らせします。

Jiran Security社はメール、文書、モバイルセキュリティ製品の開発、販売を行っております。今回の買収により事業領域をさらに拡大し、これらの企業とのシナジー効果により競争力を強化することで今後の売上高100億円を目指します。

 

■SSR社について

セキュリティコンサルティング、脆弱性検査、侵入テストなどのセキュリティサービスやソリューションを提供する会社です。データセンターや金融機関など情報セキュリティ対策を必要とする顧客が増加している現在、非常に有望なビジネスになると見込んでいます。

URL: http://www.ssrinc.co.kr/eng/index_en.html (英語)

 

■mobigen社について

ビックデータ分析のプラットフォームや通信網の統合管理ソリューションなどを提供する企業で、通信会社や電力会社を顧客に成長しており、韓国最大手通信会社であるSKテレコムのモバイル網のパケットベース監視分析システムを構築した実績を持ちます。mobigen社のビックデータ、マシンラーニング技術などと結合してセキュリティ技術について競争力を高めることができると想定しています。

URL: http://www.mobigen.com/eng/index.php (英語)

 

Jiran Security社は両社とのシナジー効果により、戦略的にセキュリティ事業を拡大することを期待できます。Jiran Security社の現在の顧客3000社以上を対象にSSR社とmobigen社の製品とサービスを供給し、逆にJiran Security社のセキュリティソリューションにより両社の新規顧客を創出したり、既存顧客の満足度を高めることができます。

さらに、両社の競争力のある製品を日本向けにローカライズし、現在Jiran Security社の製品が定着しつつある日本市場にまで事業の舞台を広げる予定です。

 size down_JS_frontdoor

SSR社とmobigen社の共同代表に就任するJiran Security社のユン代表は、「Jiran Security社を中心に連結売上高100億円が目標だ。できるだけ早く両社のIPOを推進する計画で、今後、国内外を問わずJiran Security社の事業・技術成長に必要な適切な企業と技術を持続的に発掘する予定です」と話しています。