韓国飲み会マナー

お酒を注ぐ時

注ぐ時はビンを右手で持って、左手をビンや右ひじに添えたり胸に軽く当てたりします。また目上の人若しくは初めてあった人からお酒を受ける時は、グラスに手を添えて必ず両手で受け取ります。友人同士など気の置けない関係なら、片手で注いだり受けたりしても構いません。

韓国ではお酒の注ぎ足しは失礼にあたるのでご注意を!相手のグラスがすべて空いてから注ぐのがマナーです。 一方、グラスにお酒が残っている状態で注ごうとする人がいますが、これは「私が新たにお注ぎしますよ」という意思表示。そんな場面では快くグラスを空けると喜ばれます。

乾杯の時

乾杯の掛け声は、「乾杯(コンベ)!」または「ウィハヨ!」が普通です。「ウィハヨ」というのは「~のために」という意味で、「健康のために(コンガンウル ウィハヨ)」や「成功のために(ソンゴンウル ウィハヨ)」という風に使われます。

blognomikai

飲む時

目上の人に対し正面を向いて飲むのは失礼にあたるため、体や顔を少し横に向け、左手でそっとグラスを隠して飲みます。目上の人が隣にいる場合も同様に、少し横を向いて飲みます。

一気飲みは韓国語で「ワンシャッ」。「イッキ、イッキ」という掛け声は、「ワンシャッ、ワンシャッ」という具合になりますが、場合によっては必ず一気飲みしなくても大丈夫です。また、グラスを持った2人が腕と腕を回し合い親密に一気飲みする「ラブシャッ」というものもあります。

空のグラスを渡されたら…
飲んでもらいたい人がいる時は、自分のグラスを空けた後、その空いたグラスを相手に渡してお酒を注ぎます。「お酒を酌み交わすこと=情を酌み交わすこと」という意識が強い韓国では、まさに友好の印とも言える、この行為。しかし、一方では上司・先輩からのグラスはなかなか断りにくく、飲み過ぎの原因になることもあり、良し悪し両方の面があります。